0006  アパホテル東京板橋駅前

東京都豊島区

JR埼京線板橋駅のホームの目の前にある誰でも知ってるアパグループのお泊まり場です。
節約しないといけないのに、曜日によっては安く予約が取れました。
実はアパホテルは、一度もお泊まりした事がなく、全国展開のホテルチェーンとはどんな感じなのか前から気になっていました。

結論は安全安心快適です。さすが勢い?あるなと思いました。ここは昔は別の名前のホテルだった気がしましたが忘れました。詳しくは調べません。
全体的に古い感じもしましたが、全く問題なく快適で大変良かったでした。 

●ホーム上の人から室内が見えますよ!言われそうなほど目の前です。

●素敵な建物の顔をしています。快適を求めていつになくテンションが上がる自分がいました。
●エントランスのマットを激写。
●フロントまでが少し長い。

●途中の珈琲スタンド。外国人の会話のみ。今19時。こんな時間に珈琲飲んだら夜眠れなくなるので、そのままスルーしました。

●チェックインもスムーズ。密かに期待していた朝食を付けてもらいました。

●暖かい感じがしてさすがだなって思いながら部屋へ

●あら?シングルで予約したのにツインルームですか。業界の常識システムを知りませんがそんな事もあるんですね。

色々な所でお泊まり慣れてる方からしたら普通なんでしょうが、私は素晴らしい部屋だなって感じました。ネットカフェの一晩料金と差が無いのにね。

●いろんな物が沢山ありワクワクです。
●アパ社長の本がありましたがそれよりも 理論近現代史学って本が気になりペラペラめくってみました。申し訳ないですか今日は読む時間をとれません。またねー。
●充実したアメニティ。素晴らしい。館内を少し散策し、シャワーを浴び、部屋の中のサービス品々を全て試したり、見たり。ハッキリ言って自分で何やってるんだろうと思いながら、早めに寝る事にしました。明日の朝食が6時45分〜って事もあるのでね。

 折鶴は使い回しかな?

●寝具がふかふか。なんて快適なんでしょう。毎日ここで寝たいと本気で思いました。

極上の眠りができました。途中目が覚める事はありえません。そして6時20分に起床。
身支度をして、朝食レストランへ。

●和食中心の素敵な朝食。しかし目の前がホームのため通勤通学の方々と目が合う時がありました。何か文句あります?って気持ちで優雅に食す気分は優越感とも言えましたね。朝からご苦労様です。

 ●アパよありがとう。でも正直なところ、このホテルクラスですら快適すぎてお腹いっぱいでした。

もちろん、目的は達成されました。