0017 Ikidane House田端

東京都北区田端

いつもと違う書き方から。

運営する会社は(株)IKIDANEで、外国人観光客向けに世界に誇れる「ニッポンの粋」をその地域や土地に合った形で体験してもらう宿泊施設をIKIDANEブランドとして展開しています。

ホテル、ゲストハウス、民泊の3つだそうで、特に民泊にす関するトータル支援に力を入れるハウスメーカーです。

まぁ難しい話しはこれくらいにして、今夜の宿泊は2017年1月にオープンで、何やら評価が高いホステルだそうです。

【JR田端駅から】

※地図借り/Ikidane House田端

●JR京浜東北線、山手線の田端駅北口改札を左折した先から上がる階段ルートで2分。結構急な階段で大きな荷物を持ってると辛い感じです。

●階段迂回坂道ルートは5分くらいかかります。

●迂回ルートは大回りでゆったりした長い坂道です。周辺を見ながら時間に余裕があるなら迂回ルートも良いかも。

●階段を上がった風景。左の方が迂回ルートです。

●最後は同じこの道に出るので直進します。

【外観】

●歩いてくると左側に青っぽい壁に赤の看板が目立つので直ぐ分かります。

●建物全体を見ると、ドミトリーの宿泊施設に慣れてないと入りにくいかもしれません。
●入口はまるで古民家です。

●フロント営業/入口開放時間は7時から22時なのチェックインの時間に注意が必要です。
この時間帯以外はスタッフはいなくなります。 
ちなみに22時以降は宿泊者に渡される暗証番号で出入りができます。 

【館内1階共用】

●引き戸をガラリとあけると左に靴箱があり、靴をしまってフロントでチェックインです。和服を着た優しく丁寧なスタッフで好印象でした。
予約確認ご宿泊用紙に必要なものを書いて、館内の説明をしてくれます。アメニティはバスタオル、歯ブラシ、剃刀、耳栓は各100円です。
バスタオルだけ借りました。他は常時持っているので大丈夫です。

●館内用のスリッパ箱から好きなものを借ります。

●掲示板です。館内案内図や周辺情報、路線図などが貼ってあります。

●入口からフロント方向を見たところです。

どことなく家に帰ってきたような懐かしい感じがします。 

●携帯ストラップやキーホルダーの販売です。

●館内案内です。

 ●1階はラウンジ、男女共用12人ドミトリー、4人部屋、2人部屋が各1つ、トイレ、男女共用シャワールームが2つ。

●2階は女性用12人ドミトリー 、4人部屋が4つ。トイレ
比較的小規模なホステルです。 

●ラウンジです。電気ポットやインスタント味噌汁、お箸、紙コップは自由にもらえたり使えます。

カップラーメンは100円です。

●居酒屋風にも見えます。座っていると居心地が良かったでした。残念ながら誰も来なかったので一人でした。

●日本酒の瓶のみ飾ってありました。

●一番上の段は共用で置いておけます。チェックアウト日と名前を紙に書きセロテープで留めておきます。下は有料販売用です。

●壁には浮世絵。日本ですね。

●蓋を開けたら飴でした。

●水性ペンと画用紙で自由に描いたりできます。
入れ物には缶バッチが入ってました。
海外の方は楽しいでしょうが、私一人だけですので反応しませんでした。

●折り紙やアニメのミニファイル。

●セキュリティーボックスです。自分のベットの番号の所を使います。ダイヤル式暗証番号タイプです。

●洗面台です。昔の旅館にあったようなタイプです。

先のドアが男性トイレです。女性用は見えませんが左側に扉があります。

●ウォシュレットじゃないところがまたいい感じです。トイレの使い方プレートがあり!

●シャワールームです。脱衣スペースが広くて良かったでした。

●シャンプー、コンデショナー、ボディソープのブランド不明です。

どれも香りがよろしくない!

●色々な人や国の方々が泊まるのでこうした注意プレートが多いです。

【1階客室】

●この先が今回の泊まる男女共用ドミトリールームです。
●木製のカプセルルームが12個。今回は上段でした。
●横、高さ1.2メートル以上、奥行きも2メートル以上はあるのでゆったりしています。木の香りがします。
●寝具も清潔でフカフカ。快適でした。

広い棚があるのは良かった。他はACコンセントが2つと、照明スイッチがあるだけのシンプルです。 

●柔らかい敷布団でした。
●カプセル内の上部に荷物が十分置ける棚がありました。これはポイント高いです。

【2階へ】

●二階は女性用ドミトリールームや4人部屋が4つあります。上がりませんでした。 

【消灯】

23時から7時は消灯時間になるので、館内は静かな対応が必要になります。

【朝】

●スマホのケーブルを家から持ってくるのを忘れて充電切れとなりました。


フロントに聞いたら「大丈夫です!ありますよ!」」と親しみと安心感の返事が返ってきました。奥から各種ケーブル類が入った小さな箱を出してきて貸してくれました。デポジットで500円預かられますが、館内の何処にも告知していないのに聞いてみるものですね。

【一泊総額】

1680円

【まとめ】

田端の地域らしさは分かりませんが、全体的に良き日本らしさのようなものを感じました。設備は目新しいものは無いので逆に落ち着いた時間の流れが作れてるんだろうと思います。そのあたりを感じとれると国、人問わず評価が高いんだと思います。古き実家のような感じで一泊を過ごしました。


Ikidane House田端
 東京都北区田端1-21-2

チェックイン15:00~22:00
チェックアウト 11:00

PVアクセスランキング にほんブログ村