0047 スーパーホテル上野・御徒町

黄色の看板が目立つスーパーホテルです。最近の宿泊時に散歩ついでにチェックしていた一つです。名前しか知らないですし、通常時でもここは4000円を超えいたので気になりつつも対象から外れていました。昨今のコロナ鍋によるタイミングで宿泊できそうなので2泊してみました。楽しみです。
●ポピュランタは、これから泊まる施設の情報について場所と最新アナウンス以外は入れない形で泊まるようにしています。情報に流されやすい性格笑 なので純粋に楽しめなくなりそうだからです。今回もスーパーホテル上野・御徒町も含め、会社全体で取り組む方針や理念も知らないままで宿泊してみました。  

●JR御徒町北口から昭和通りに出て秋葉原方向へおよそ2~3分です。東京メトロ日比谷線仲御徒町駅4番出口から1分というロケーションの良さです。コンビニやスーパーもはもちろん飲食店も多数あり困る事はないです。写真の昭和通り沿いはビジネスホテルも多数あるので、まぁ都内でも便利な土地であることを証明していますね。

【エントランス、フロント】

●エントランスです。この自動ドアの先にもう一枚自動ドアがあります。深夜24時~7時までセキュリティロックされます。入館は宿泊者以外できないので防犯上安心です。

●フロントに到着です。ペンタッチ式の端末にサイン等を済ませてチェックイン完了です。初めての利用でしたので丁寧な館内説明を受けました。

●念入り説明だったのが朝食です。新型コロナ感染対策でバイキング方式を休止しているのでお弁当!の提供に変更だそうです。どんなお弁当か楽しみです。

●フロントのデジタルサイネージや館内のあちらこちらに掲示しているホテルコンセプトです。環境に配慮したホテル経営運営をやってますということですね。環境に配慮した活動は、いまひとつ疑問に感じることもあり賛同する方向ではないし、かといって否定するつもりもないので純粋にホテル利用を楽しみたいと思います。

●ロビーに枕が沢山あります。高・低反発、枕高さの高中低や女性用など自由に選べるのは面白いです。どうしよう?と無難に「低反発、高さ最低い」を借りて部屋に向かいます。ここで必ず選ばなくても部屋には「高反発。高さのあるロング」枕がセットしています。他にはルームウエアや剃刀、ヘアブラシ、ボディタオル、綿棒などアメニティの一部をここから必要に応じて持って行けます。

●さらにコーヒー、ミルク、砂糖や太陽光発電の売電収益の一部で購入したオーガニック緑茶の粉末スティックなども自由に持って行けます。

●女性は良いですね。スキンケア用品などなどプレゼントです。

●インフォメーションコーナーです。近隣の飲食店や英国版ですが上野や東京周辺の地図、観光案内のパンフレットが置いています。折り紙作品が沢山展示中。

●1階の朝食や飲食に使える共用スペースです。通常ならここで朝食バイキングなんですね。

●イオン水のサービスです。スタッフの方に聞いたらホテル全体の蛇口の全てからイオン水が出るんだそうです。凄いなー。

●外の水道管からホテル内にある専用装置を通して全室に送っているそうです。スーパーホテルは全て同じシステムなんだそうですね。

●貰ったオーガニック緑茶の粉末をこれで飲んだらとても味わい深い緑茶で美味しかったでした。気持ちの問題かもしれませんが…

【客室階】

●客室階に到着です。通路は明るくシンプルで清掃もしっかりされて、管理が行き届いてるのを感じます。2010年4月にオープンして10年以上経つので一部経年劣化もあるような感じです。

●客室扉です。いわゆる普通の鍵やカードキーでもない暗証番号入力で開きます。閉める時はオートロックです。
このようなタイプは、最近泊まってないゲストハウスなどのドミトリールームの入口で知ってますが、ビジネスホテルでは初めて見ました。施設形態が違うだけで新鮮に感じます。なにより物理的な物を持たなくてよいので安心便利です。
●ちなみに暗証番号は、チェックイン時に受けとるレシートみたいな紙に書かれています。桁が多いので 最初は覚えられません。

【客室】

●広さ12㎡のシングルルームに幅150cmのセミダブルベットです。照明の数や明るさを落としてギラギラしてなくて無駄も感じない寝るのみ!って感じるシンプルな客室です。淀み無い空気の流れと、ビジネスホテルの独特な気配感もないので良い感じです。

●「ぐっすり」最優先だそうです。確かにそんな客室です。

●枕元にはUSB端子が2個あるのにACコンセントがありません。 スマホの充電くらいしか使わないので問題ないです。USBは5V3.4A(二口の合計)ですからタブレットの充電も早いですね。あと、エアコンのリモコンがこの位置って、有りそうで無かったでした。使い勝手がよいかもしれませんね。

●32型液晶テレビが乗るデスク周りです。作業スペースはある程度確保されているので困る事もないと思います。
●デスク下は冷蔵庫、ポット、コップです。ここにコーヒーやお茶などのスティック粉を置いて欲しいですがエコか衛生面の理由で無いです。

●空気清浄機が完備されています。ホテルは全館禁煙で全体的に匂いもなく空気もきれいです。館内インフォメーションにタバコを吸う方がいるようです。禁煙者からするとタバコの匂いに敏感ですから少しでも吸ったら分かってしまいます。火災の原因にもなりますからやめてほしいです。

●冷蔵庫を開けました。中にプレートがありました。

●既にスイッチはONで冷えてました。

●大切なお知らせですけど、冷蔵庫内に食べ物と関係ないものが入っていると違和感を感じます…
●部屋内から出入口方向を見たところです。
●一応玄関風ですが、もう少し境界線が出入口のドア側方向にないとユニットバスに入りにくいです。
●デスク下の反対側です。棚が機能的に作られています。一番下がゴミ箱、次の段がスーパーホテルとは?や企業理念、取り組みを紹介した冊子や館内案内ファイルがあり、一番上がティッシュとドライヤー置き棚です。特注っぽいですね。

●デスク上にはスーパーホテルの宣伝置物です。十分に伝わりました笑

●テレビの横辺りから有線LAN(使えました!)と端子の沢山ついたケーブルが出ています。FOMA.CDMA!?ガラケー携帯用端子とmicro、type cとLightning の充電用だと思われます。Lightningだけ試したら反応がありませんでした……。他は試していません。
●ユニットバスです。水圧は問題ないです。ダイヤルを回す湯水混合栓ですが、湯の領域が広くて?冷たい方向の調整が難しかったでした。

●角など汚れも全くなくて天井も高くて快適です。

●全てを並べてみました笑。歯ブラシを利用しなければお菓子が貰えるそうです。どんなお菓子か気になりますが、手持ちの歯ブラシが無いので使用しました。
●気のせいかもしれませんが、これらのオーガニック製品を使うと一日全身がすっきりした状態になるのは確かです。髪は潤い感が増し、肌は汗をかいてもスベスベ感を保ちます。 やばい です。

●1階からルームウエアを持ってきました。使用しない方なんているのでしょうか?連泊利用者などは必要な時に各自持ってくるシステムは良いのですが、せめて最初の一泊分は部屋にあってもよい気がします。
●コンパクトサイズで風が強く、マイナスイオンが飛び出す使いやすいパナソニック製のドライヤーです。

●普通のエアコンです。
●部屋の冊子に紹介してましたが部屋の天井や壁(壁紙)には消臭湿調効果のある珪藻土を使用しているようです。空気がきれいになり、カビの発生を抑えるような効果があるようです。また気のせいかもしてませんが、こもったような空気感は無いのは言えます。

●それよりも気になるのが、夜遅く隣の方が詰めを切ったり、ユニットバスの扉を閉めたりする音が微妙に漏れてきます。壁が薄いかもしれませんね。

●床のカーペットはリサイクル素材から作られたものらしいです………
●館内は無料wifiが飛んでいます。平日夕方にGoogle速度計測でやってみたところ高速です。作業に困ることもなく快適です。
●テレビのトップ画面です。VOD始め各種案内を観る事ができます。
●その中にヒーリングミュージックが聴けました。寝る前に少し聴きましたが、テレビ画面が明るすぎるので消しても音楽が聴けたらよいと思いました。多分そんな機能は無理でしょうから部屋に有線放送?ですかね。設備費が大変なことになるだろうからお目にかかったことはありませんね。

【寝ます】

●セットしてある「高反発。高さのあるロング」です。好みで大きく違いますが、硬いし首が痛いので合わないです。

●1階から借りてきた「低反発、高さ最低い」の枕です。これは反発具合も丁度良く高さも良く快適でした。枕カバーは自分でセットします。

【朝】

●快適な目覚めでした。

マットレスと枕の反発具合が同じで、全身一体となり快適に眠れました。 

●朝6時30分から1階共用スペースで朝食サービスです。7時少し前に行ってみると、フロントはシャッターが閉まり、枕コーナーもカーテンが閉まってました。7時から開くようですが、残念ながら朝食に気を取られて写真がありません笑
●そして共用スペースにはスタッフの方がいました。「おはようございます。お一つどうぞ」と案内されました。

●これが朝食バイキングに替わるお弁当ですね。


●食べられる場所は、1階共用か部屋も大丈夫です。ただ公式サイト見るとお弁当を持って帰る(外で食べる)のは衛生的にご遠慮下さいだそうですね。ついつい昼用に外でとか思いますが、必ずホテル内で食べるルールだそうです。

【2日目のお弁当】
●通常のバイキング状態がどんな感じなのか知りません。部屋の冊子を見る限りでは、一部ホテルか全てのホテルか不明ですが、朝食バイキングについてもオーガニック野菜や地産地消云々と紹介していました。今は残念ながら新型コロナ感染拡大防止の観点から休止しているので、毎日提供できる形がこのお弁当なんでしょうね。

 ●ホテルの看板に健康朝食無料って書くほどで。形は違えど宿泊費に含む朝食ですから、提供されるだけでも十分です。しかし内容はともかく、何となく寂しい感じがします。せめてパッケージだけでもエコ的おしゃれで明るい感じのものに換えたら全く違うお弁当になるはずです。何かもったいない気がします。

●今のところ予定では、お弁当スタイルは7月末までで、8月1日~朝食バイキングを開始するようです。バイキングが始まったらまた泊まろうかな笑

●好みや相場感は人それぞれですから一概には言えませんが激安ホテルでもないのに連泊者が多いですね。そして若いカップルが多いです。カップル客にお得感があるのは分かる気がします。

単身者は同じくらいの料金でこれ以上のサービスがあるホテルは周辺に沢山あるように思います。しかも連泊者が多い理由は何かな?と勝手に考えてみました。

多分部屋の清掃に関してプレートを使った指示が分かりやすく、強制的に何日後に必ず清掃に入るという設定が明確にありません。清掃無しプランで宿泊しても1週間位でそろそろやりますので良い日をフロントにお伝え下さい的な緩い感じのインフォメーションもあるなど、宿泊者側が面倒に感じるところが最低限に抑えられているように思いました。
●他には詳細不明ですが、宅配便で荷物を発送や受取りなどに関する細やかなサービスがあるようです。というのもエレベーター内に「何号室の方へ荷物がフロントに着いてます」的なマグネットがいくつも貼られていたりしていました。
●人気の秘密はブランド力なんでしょうかね。

●「本日の清掃は不要です」表示を扉に貼っておくと、交換用のフェイスタオル、バスタオル、バスマット、歯ブラシとエコに協力したお礼のミネラルウォーターが入った袋を掛けてもらえます。このエコに協力とはシーツなどリネンを一回洗濯すると水7リットルが節約される意味だそうです。へーっ。ほ~っ。

2泊してみても目立つようなマイナス点は無いですし、宿泊者多いのも何となく分かる気がしました。そんな事を思いながらホテルを後にしました。

チェックアウトは返却する鍵類 が元々ないのでフロントに寄らないで済みます。これも魅力の一つですね笑

●ホテル並びの様子です。これも魅力感ある一つです。

【2泊総額】

2泊6912円(税、手数料込)
●ダブルルーム 禁煙・朝食込

※booking.com の 提携パートナー
Agoda経由の予約、予約条件設定あり

スーパーホテル上野・御徒町
東京都台東区上野5-23-12
チェックイン15時~.チェックアウト~10時