0048 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草

東京都台東区浅草

コロナ禍で行動を控える流れと、雨降りが続き憂鬱な気持ちになる今日この頃です。少しでも近場でリフレッシュしたい時にピッタリじゃないかと思う浅草のお宿です。都内なのに建物内へ一歩入いったら地方の温泉旅館に一瞬でワープしたかのような感じになるビジネスホテルです。

●浅草寺や浅草花やしきが直ぐ近くに有り、つくばエクスプレスの浅草駅から徒歩3分弱。散策しながら東京メトロ銀座線浅草駅や田原町駅も使えます。呑み食べにも困る事はありません。 
●ここはドーミーインの共立グループが2019年7月に全国で5番目となる和風ドーミーインプレミアムホテルです。
館内は畳敷きで心地良く、お風呂は天然温泉の大浴場。朝は免疫力アップの拘りの朝食など非常に魅力的なビジネスホテルです。

●玄関で靴を脱ぎます。※素足が気になる方はフロントで館内用使い捨てスリッパを貰えます。

●すぐ横の下駄箱エリアで靴をしまい、フロントへ向かいます。鍵はチェックアウトまで自分で管理です。
●フロントで宿泊者カードの記入が終わったら「良かったらお使い下さい」とおしぼりが出てきました。ちょっとしたサービスに感動です。
●無事チェックインを完了しました。部屋に向かう前に気になるエリアがあったので向かいます。

●朝食レストランにもなる「にっぽんの食事処〜Hatago」です。朝食時間帯以外は23時まで畳のフリースペースでウエルカムドリンクが飲めます。

●ドーミーインの紙コップでホットコーヒーを飲みました。雨で気温が低く目なので丁度良かったです。コーヒーやお茶。水、お湯ですね。
●エレベーターで部屋へ向かいます。エレベーター内も畳です!そしてドーミーインといえば非常用トイレと救助物資の入る椅子もありました。
●ルームカードキーをセンサーに触れてから階数ボタンを押すエレベーターです。 11階建の全154室ホテルです。

【客室階】

●本日の客室階に到着です。ここも畳です。明るく落ち着きのある感じは畳の効果で更にアップです。暖かみも感じる通路です。
●部屋の入口開錠はルームカードキーを使用します。デザインも和でおしゃれです。

【客室】

●本日は15㎡のスタンダードダブルルームです。入口の扉を開くと直接室内が見えないL形です。部屋の入口から板床に変わります。まるで旅館です!
●広め目のクローゼットと荷物置きスペースです。ハンガーには肌触りがよいドーミーインの館内着が掛かっています。滞在中は全ての場所で着たまま過ごして大丈夫です。
●クローゼットと反対側は扉を挟んでトイレとシャワールームが独立してあります。
●床にこれまたお馴染みの非常用の水タンクが設置しています。
●天然温泉大浴場があるので使用はどうしようか迷ってしまうシャワールームです。ホテル名の入ったバスマットが掛かってます。
●クローゼットの横は洗面台です。材質が木だったり、タオル掛けも竹材風ってところが素敵です。ホテル名がついた袋はドライヤーが入ってます。
●洗面台下にはコップやアメニティ、湯呑みとケトルそして引き出し下は冷蔵庫が隠れてます。
●板床は洗面台までで、引戸の先は部屋へと続きます。いつものビジネスホテルとはまるで違うので楽しいです。

●サータ社製の幅140センチセミダブルベッドです。

●そして床は畳です!和室風で暖かみのある落ち着いた雰囲気は風じゃなくて和室ですね。浅草の真ん中ですが全く雑音がしない静かな部屋です。

●ベッド横のサイドテーブルです。何気ないんですが大きさも高さも丁度よいセンスがあります。
●各照明スイッチ、AC.USB端子も普通に有りました。
●窓はサッシ、ロール遮光カーテン、そして障子?戸です。何だか細やかで素晴らしいです。
●デスクや高さを合わせた椅子類です。高さが低くいので部屋全体の圧迫感がありません。
●クローゼットの所にちゃぶ台?が有ったので移動させてみました。素晴らしいしか言葉が出ません笑
●デスクの下にある篭の中はタオルセットです。この篭は大浴場や館内の移動で使用もできます。
この篭の上段はミニ金庫が有ります。過去に金庫に貴重品を入れたままチェックアウトした苦い経験があるので極力使いません。
●ザ盆栽?で多分本物です。サービスのミネラルウォーター。
ホテルのフリーwifiも飛んでます。週末夕方でまたまたGoogle速度計測です。速度は十分すぎました。
●部屋側から出入口方向を見た様子です。
扉の物を掛けられるバーも竹材風です。和室ですから細やかな配慮ですね。
●エアコンは各部屋単位で管理です。そう!空気清浄機が無いなーーって思いましたが、このエアコンはダイキン製で空気をきれいにするストリーマ機能付きでした。でも全く使用しなくても室内の空気感は悪くなかったでした。
●そして冷蔵庫の中にウエルカムデザートが有りました。冷たくて大変美味しく頂きました。

●部屋のパナソニック製32型テレビにはインフォメーションチャンネルが有ります。ドーミーインを紹介するビデオや館内の案内全般はもちろん、大浴場の混雑状況やランドリーの稼働状況がオンタイムで確認できます。空いてるかとか何分経過したとか、部屋で確認できるのは便利です。

●洗濯機は無料です!が乾燥機のみ20分100円、30分100円(女子用)の有料です。女子専用洗濯機エリアもあるので安心して洗濯ができます。

● フロントでの無料貸し出品はどこのビジネスホテルでもあるような物は対応していると思います。

●大浴場は混雑気味のため後にします。 

【夜食】

●大浴場が混み気味のため、先にお腹を満たします。21時30分〜23時までドーミーイン名物夜鳴きそばの無料サービスです。あっさり醤油味のラーメンでいつ食べても美味しいです。

それにしても大混雑するほどの宿泊者です。カップルが話してるのが少し聞こえましたが、最近テレビで紹介されたらしいですね。(混雑写真は撮れません)テレビの宣伝効果は抜群ですね。

【お風呂】

●地下1階の大浴場前です。残念ながらここまでしか撮れません。身体の芯まで温まる感じは正に天然温泉でした。しかもお湯が真っ黒なんですけど! 内湯の中が見えないので結構怖いです。

【寝ます】

●窓からの夜景です。リッチモンドホテル浅草よりもガラス窓だらけで明かりが沢山見えるナインアワーズ浅草が気になります。
●目線を移動させると浅草寺や五重の塔に東京スカイツリーです。天気が悪くてモヤってます。

こんな感じで場所はとても良いです。 

●防音対策が凄いのか音一つしない静かさで、寝具類も何も言う事がないほど快適でした。 

【朝】

●疲れもあったのでいつも以上に爆睡でした。

今回は素泊まりで予約していたのですが、昨晩朝食メニューの看板を見たら海鮮丼が気になりました。朝食についてフロントで聞いてみると、事前予約で1800円!だそうです。高っ!て思いましたが、食べないで帰るのは勿体ないので購入しました。

●それにしても朝から海鮮丼でしかも1800円…。何処にもそんなこと書いてないのに勝手にメニューから一つ選ぶのかとずーっと思ってました笑

●1階のレストランに着くと、入口でアルコール消毒と部屋番号を伝えて進みます。海鮮丼はどうやって注文するの?って勘違いしたまま一つのことばかり考えてました笑 
●他の宿泊者に続いて並んでいると、あら?海鮮丼だけじゃなくメニューに表記してる品全部取れる?でした。 凄いわ!

●最初に和のお重か洋のプレートを選び、ご飯、味噌、そして好きな小鉢を自由に選ぶセミバイキング方式です。
●特に海鮮を食べられない人もいるので必要かを聞かれます。後、茶碗蒸しいる?味噌汁に生姜を入れる?も聞かれます。全て「はい」です。
●他にも美味しそうな小鉢が沢山ありましたが十分です。朝から凄いボリュームで、まるで旅館の夕食級みたいになりました。
●海鮮丼なのにくまモンのふりかけまでとりました。
焦った証拠です。 

●最後はデザートです。魚沼産コシヒカリとか内容も量も想像以上で大変美味しく頂きました。そしてコーヒーを頂きレストランを後にしました。

●パンもありましたが…  お腹一杯です。

●小さな子供がいる家族も何組かいました。未確認でしたが子供用メニューが有るのか無いのか気になりました。

●場所や時間を忘れてしまうほど全てにおいて快適でした。

施設の一部が和風ってのはよくあります。ビジネスホテルですが、旅館と名乗れるほどの圧倒的な和の割合が多い「旅館ビジネスホテル」です。
他が同じようにやりたくても追従できないかもしれないと漠然とながらも感じました。

ただ一つ気になったのは、ポビュランタではないのですが、フロントに海外スタッフがいます。チェックイン時にサービス内容や可能や追加といった質問、問い合わせに対して、双方で若干伝わりにくい場面に出くわす事がありました。どこでも多少なりにあるでしょうけど、ここは特徴あるホテルなので対応が難しいでしょうね。


●天気も回復してきて、チェックアウトの11時でホテルを後にしました。またいつかは利用したいと思います。


【一泊総額】

1泊4818円(税、手数料込)
●スタンダードダブルルーム 禁煙 3018円
●朝食を当日追加1800円

※booking.com Genius2会員割引価格

天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草
東京都台東区浅草2-7-20
チェックイン15時~.チェックアウト~11時